人文学研究データリポジトリ
 
人文学研究データリポジトリは、情報・システム研究機構・データサイエンス共同利用基盤施設・人文学オープンデータ共同利用センターの学術情報リポジトリです。研究成果やCODHセミナーの資料などを、このリポジトリを通して随時公開いたします。
 

WEKO

CODH企画ワークショップ人文学研究のデジタル化とオープン化(JOSS2018)
WEKO EXPORTPRINT PREVIEW
人文学研究のデジタル化とオープン化

日時:2018年6月18日(火) 11:30-13:00
会場:学術総合センター 中会議室B
企画 :北本 朝展(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所)

JAPAN OPEN SCIENCE SUMMIT 2018 (http://joss.rcos.nii.ac.jp/) において開催

人文学研究においても研究のデジタル化と研究のオープン化が進み、研究の方法論も徐々に変わりつつある。本セッションでは様々な視点のオープン化に関する世代を越えた議論を通して、人文学研究に特有の課題を克服し、デジタル&オープンな人文学研究を実現するためのアイデアを出し合う。

Humanities research is getting more digital and open, and the transformation of the style of research is forthcoming. This session raises discussion about openness from different perspectives across generations, thereby generates ideas to overcome unique challenges in humanities research and to realize "digital & open" humanities research in the future.

新着情報

 RSS
人物データの分析──江戸時代のデータブック「武鑑」の構...06/17 14:44
北本 朝展, 電子情報通信学会誌 , 102, 6, 569-571, 2019-06, 569-571_電通会誌6月_20.pdf
文字データの分析──機械学習によるくずし字認識の可能性...06/17 14:44
北本 朝展, カラーヌワット タリン, 宮崎 智, 山本 和明, 電子情報通信学会誌, 102, 6, 563-568, 2019-06, 563-568_電通会誌6月_22.pdf
「データ駆動型人文学」と「人文学ビッグデータ」の展開 ...06/14 12:02
北本 朝展, 鈴木 親彦, 市野 美夏, カラーヌワット タリン, poster_nii_openhouse_2019.pdf
ブラックホールと啓示:ウィキペディアと研究・教育05/28 15:52
北村 紗衣, 20190528JOSS_kitamura.pdf
見える人文・見えない人文?オープンな人文学情報基盤が作る未来05/28 15:50
後藤 真, 20190528JOSS_gotou.pdf
情報システム研究機構 データサイエンス利用基盤施設 人文学オプンデータ共同利用センター
Center for Open Data in the Humanities / CODH
 
 
 

お知らせ

2019-06-14
情報通信学会誌に掲載された論文
「文字データの分析」 「人物データの分析」の2本を公開いたしました。

2019-06-14
国立情報学研究所オープンハウス2019出展したポスター
「データ駆動型人文学」と「人文学ビッグデータ」の展開 ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センターを公開いたしました。

2019-05-28
JOSS2019で開催したCODH企画ワークショップ「人文・社会科学におけるオープンサイエンス」の発表資料を公開いたしました。
 
このリポジトリに関する問い合わせはこちらへ
ch_suzuki(at)nii.ac.jp
(at)を@に置き換えてください

JAIRO CLOUD
 
COUNTER309754